Lab 7 in Singapore

Unityでのゲーム開発、プログラミング教育、VR/AR/MR、AI・機械学習に関して。たまにシンガポールのネタも。

【Unity】Google Playの対象APIがAPIレベル29(Android 10)に

また Google Play 対象API をあげる必要がありますね。Googleから以下のメールが。

This is a reminder that starting November 2, 2020, updates to apps and games on Google Play will be required to target Android 10 (API level 29) or higher. After this date, the Play Console will prevent you from submitting new app bundles and APKs with a target Sdk Version less than 29.

しかも今回は前回より設定がやっかいだったんです。Android Studioで API29をインストールしても「Android SDK is missing required platform API:Required API level 29.」と出てきてしまう。
そこの対応策も含めて説明していこうと思います。
Unity_Error_39
続きを読む

【Unity】CanvasのRender Modeの使用例 Part.2

もうすぐ ARFoundation を使った ARアプリAlways with Merlionと言うタイトルをリリースします。(宣伝を兼ねた記事になっていますが。)

そこのタイトルシーンはマリーナベイサンズをバックにマーライオンがふわふわ浮遊するもの。これは Unity CanvasRender Mode を駆使しています。
前回に引き続き、この実例を基に Canvas の Render Mode の使い方を説明いたします。

Unity Basic_17

続きを読む

【Books】本紹介「武器になるグローバル力 外国人と働くときにしっておくべき51の指針」

今回はたいへん久しぶりにお薦めのビジネス書を紹介します。
現在シンガポールの マイクロソフト社で活躍するリーゼントマネージャーこと 岡田兵吾さんの著書である武器になるグローバル力 外国人と働くときにしっておくべき51の指針

出版開始と同時に Kindle版を購入して読ませて頂きました。
岡田さんのグローバルに働く又は働こうとしているビジネスマンに向けたビジネス書、その3冊目の書籍となります。
続きを読む

【Unity】App Store申請時にTrueDepth APIでRejectされた際の対応(Unity AR Foundation使用)Part.2

新たにリリースした ARアプリAlways with Merlion /SingaporeUnity AR Foundation を使用しています。

そして前回から紹介していますが App Storeへ申請する際に TrueDepth API が含まれていることに伴う Rejectを受けました。

その解決法の続きです。Package ManagerからARKit Face Trackingを削除し、iOSでビルド時に出る以下のエラーの対応からです。
Unity_Error_104

Assets/Scripts/ARKitBlendShapeVisualizer.cs(47,5): error CS0246: The type or namespace name 'ARKitFaceSubsystem' could not be found (are you missing a using directive or an assembly reference?)
続きを読む

【Unity】CanvasのRender Modeの使用例 Part.1

もうすぐ ARFoundation を使った ARアプリAlways with Merlionと言うタイトルをリリースします。

そこのタイトルシーン。以下のようなマリーナベイサンズをバックにし、実際はマーライオンが浮遊して動きまくります。
ここに使った Unity の Canvas の設定法。CanvasRender Mode を駆使して表現しています。
Unity Basic_17

今回は特にまだ開発経験がないような初心者の方々向けに、この実例を基に Canvasの Render Modeの使い方を説明しようと思います。
続きを読む

【Unity】App Store申請時にTrueDepth APIでRejectされた際の対応(Unity AR Foundation使用)Part.1

新たな ARアプリを Google PlayApp Storeからリリースしました。Always with Merlion /Singaporeと言います。Unityの AR Foundation を使用しています。

これを App Storeへ申請する際に一度 Rejectを受けました。それは以下のような理由です。

During review, we found that your app includes TrueDepth APIs. However, we were not able to locate any features in your app that use TrueDepth APIs.

要は、TrueDepth API の機能をアプリで使ってないのに、ライブラリを含んだ形でビルドされています とのこと。
Unity_Error_97
続きを読む

【Unity】UnityでJSON形式データファイルの読み込み法 Part.2

最近 Unity 内で JSON 形式のデータファイルを取り込む方式を使い、前回から備忘も兼ねて簡単に使用法を解説しています。


具体的には Unityエディタ内に用意した Resourceフォルダから JSON形式ファイルを読み取る方法となります。
今回は Unity上で実際にシンプルな JSON形式の読み込みと、配列を使った JSON形式の読み込みの事例を取り上げ説明いたします。
Unity Basic_08
続きを読む
Game App from Lab7
GooglePlay_Top_2 (Android, iOS) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS) GooglePlay_Top_2 (Windows) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS)
Lab7 blog in English
Sponsored Link
Twitter プロフィール
《シンガポールでARゲーム個人開発中。 主にARに関して情報発信してます。》 VR/AR/MR、Unity、機械学習/AIにも興味あり。それらのシンガポール、東南アジアの情報もあわせて発信中。
Blog Visitors [訪問者数]
  • 累計:

PV [アクセス数]
  • 累計:

Twitter [最近のつぶやき]
Sponsored Link
Contact [お問い合わせ]
Sponsored Link