Lab 7 in Singapore

Unityでのゲーム開発、プログラミング教育、VR/AR/MR、AI・機械学習に関して。たまにシンガポールのネタも。

【Cinema】「Ah Boys To Men」Part 2

自分がシンガポール映画でいまのところNo.1と思っている「Ah Boys To Men」。前に概要なんかを紹介しましたので、今回はもっと具体的な内容に関して書きます。(ネタバレも含みます。)
(前の概要編は、http://lab7.blog.jp/archives/2317197.html です。)

やはり本作の見せ場は最初の15分だと思う。実はストーリと関係ないですが。この15分だけでも観る価値ありです。
(すいません。それは言い過ぎです。ストーリ的にはBoys to Men の単なるBoysの部分の出だしでしかないです…。)

正体不明の軍隊がシンガポールに攻めてきてシンガポール軍が防戦するシーンです。正体不明の軍隊は観光客の多いマリーナエリア、ビジネスマンの多いシティエリアとかまわず爆撃していきます。住民の住むエリアにもパラシュートで降下してきて、冷酷にも子供も含めどんどん虐殺していきます。

そんなシーンの間でも笑いを含めるのがシンガポール映画。多くのコンドミニアムにはシェルターがあります。しかしたいていそれを物置きにしているので、家族総出でそれを出さなくちゃと言うシーンなどを冷酷シーンの間に挟んできます。

また、金融街での装甲車を使用した銃撃戦シーンもかなり見ものです。私の職場の近所です。実際深夜から金融街の道(Robinson Road)を封鎖してがれきや破壊された車を置いてロケをしたようですが、馴染みのある場所がシーンにいっぱい出てくるのはシンガポール映画の良いところですね。本作ではシンガポールに住んでなくても見覚えのあるようなマーライオンやマリーナベイサンズなども、みごとに爆撃されています。(マーライオンをミサイルで破壊する意味がよく分かりませんが。。。それも笑いをとっているだけですね。)

ちなみに以下のMaking Videoで金融街の封鎖したときの撮影等も含め、いろいろな撮影シーンが見られます。このMaking Videoを見ると、とても本作が観たくなるかと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=pJYZPRTKxWc

徴兵制があるシンガポールでは、通常は普通の会社で普通の仕事をしている人たちもこの戦いに当然駆り出されます。最初はカジノも爆撃されたらしいよ、俺のLuckyがそこでもう得られないなと冗談を言っていた彼らも、戦闘に入ってくると怖いよと言う話をしたり、戦闘中に自分の相棒がやられて気が動転したり。職業軍人ではない人達がこんな状況に遭遇した時に感じる感情がたくさん盛り込まれています。この最初の15分に。
主演の俳優達は全く出てこないこの15分だけでアクションあり、お笑いあり、感動ありでほんとうにお腹一杯になってしまいます。

長くなってきたので、実際の内容はまた次回書きます。最初の15分のネタで書き過ぎました。

「Ah Boys To Men」Part 3

【Cinema】「Ah Boys To Men」Part 1

この「Ah Boys To Men」、シンガポール内でとても大ヒットした映画で、自分の中ではこの記事を書いた時点では最もお薦めできるシンガポール映画です。

上映されたのはけっこう前で2012年です。当時映画館で観ましたが、自分にとって初めて観たシンガポール映画です。それ以降シンガポール映画にはまってしまいました。既に本作の第2作(2013年)、第3作(2015年)も上映され、いずれも大ヒットしています。(いずれ2作目、3作目も本ブログで紹介します。)
たいてい2,3と続く映画は1が一番良いわけですが、このシリーズはどれも非常に良いですね。(私は1が一番好きですが。)

(Official Trailer:https://www.youtube.com/watch?v=8AtFZIENdOo
(↑この Official Trailer、映画の良いところをかなり取り込んでいてお薦めです。)

で、主役はJoshua Tan。彼はこの映画の中では少年が男になると言う面でとても良い演技をしていますが、その他の映画では今のところ活躍していないですね。主役の仲間・教官でいい味を出している Maxi Lim、Wang Weiliang、Noah Yap、Tosh Zhang が他の作品でも大活躍しています。他の作品では絶対、あの Ah Boys To Men の誰々と紹介されていますから、この映画のヒットぶりは分かると思います。

また、この主題歌の「Recruits' Anthem」は教官役を務めた Tosh Zhang が作詞作曲して、かつ本人が歌ってます。これも当時ヒットしましたね。以下がそのMVとなります。このビデオも本作のイメージがとても出ていてすごくお薦めビデオです。かつとてもかっこいい。曲も耳から離れなくなります。

https://www.youtube.com/watch?v=xjkWcjeRAN4

ちなみに歌詞にでてくる言葉は以下を参考にして下さい。
BMT:Basic Military Training:基礎訓練
POP:Passing Out Parade :基礎訓練の卒業パレード
ORD:Operationally-ready Date :通常のNational Serviceの期間

次にこの映画の内容に関して。シンガポールでは徴兵制(National Service)があり全ての男子が2年間軍に所属します。その最初の3カ月間は基礎訓練を受けるのですが、本シリーズでは主役の少年がそこに入隊するまでと入って少しの間の話が第1作目。第2作目がその続きで基礎訓練中の話となります。
タイトルの通り、まだまだ遊びたい少年が軍の厳しい訓練を受け、いろいろな体験をし、大人の男になっていくと言うストーリです。

シンガポール映画はどれもそうですが、映画を通して、長く住んでいても知らなかったような彼らシンガポール人達の考え方や習慣なんかを発見できるのは良いですね。この映画では、若くして徴兵に行く男子たちの気持ちや、周りの人たちの気持ちなんかを知ることができます。
この映画は自分の中ではトップシンガポール映画なのでもっといろいろ書きたいことがあります。ネタバレも含む内容をまたそのうち本ブログで書きたいと思います。

「Ah Boys To Men」Part 2

【Unity】本紹介「Unity5の教科書 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座」

今回紹介するのは、Unity に関するお薦め入門書「Unity5の教科書 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座」。

本書は全体的にイラストが多く、とても分かりやすい。
かつイラストがとてもかわいい。著者である 北村愛実さん自ら描いたそうです。
イラストの多さは他の入門書と比べてもダントツです。(かわいさもダントツ!)
イラストは初心者にとって ものすごく重要ですよね。イラスト次第で 技術書がとても 取っつきやすくなります。
初心者と言うだけでなく、子供に対してもとても良いと思います。

Unity初心者が最初からつまづくことなく、ざっくりUnity全体を理解して使えるようになるのに とても適した本です。
他の入門書にはなかった Terrain や パーティクルに関してもとりあげてあります。
(私は本書でその辺の基礎を学びました。)
広く浅くトピックをとりあげているが、しかし説明はとても丁寧。




続きを読む

【Unity】Physics.Raycast を試してみた

ある位置からある方向に存在するゲームオブジェクトを判定させるのに Raycast を使います。
イメージとしてはある位置から仮想のレーザービームを照射して、それがヒットした際のオブジェクト情報を取得します。

それには、
1.Scene上のゲームオブジェクトからある方向に存在するオブジェクトを判定させる。
    (ゲームオブジェクトからのRayの照射)
2.Cameraから画面上のある位置の先に存在するオブジェクトを判定させる。
    (カメラからのRayの照射)
のような使い方があります。

具体的にはこれらを用いて、シューティングゲームで敵AIから見て自分との間に障害物がなければ敵AIが自分を撃ってくるとか、3D空間上にあるゲームオブジェクトを画面上からマウスで選択するとか、アイデア次第でいろいろなことができます。

では試してみましょう。
(参考: https://docs.unity3d.com/jp/540/ScriptReference/Physics.Raycast.html

【ゲームオブジェクトからのRayの照射】
適役のUnity標準のThirdPersonControllerが、Playerがコントロールしているユニティちゃんの方向を常に向いています。
もし二人の間に障害物がなくユニティちゃんを直視できる状態であるとRayのビームを赤く表示させます。

以下の実行画面は、左がGame画面、右がScene画面です。


このThirdPersonControllerに適用したRaycastのC#ソースは以下です。

public class Raycast_Test : MonoBehaviour {
    public Transform target;     RaycastHit hit;
    void FixedUpdate()     {                 // Face to target direction         transform.rotation = 
Quaternion.LookRotation (target.position - transform.position);
        // Create 'Ray' to forward direction         Ray ray = new Ray(transform.position, transform.forward);
        // If Ray hit someting         if (Physics.Raycast (ray, out hit, 15)) {
            // If the object is "Player"             if (hit.collider.tag == "Player")              {
                // Draw Red Line                 Debug.DrawLine(ray.origin, hit.point, Color.red);
            
}          }     } }

また、カメラからのRayの照射はまた次回試します。

【Unity】本紹介「UnityではじめるC# 基礎編」

今回 紹介する本は、Unity をベースにした C# の基礎本「UnityではじめるC# 基礎編」です。著者は 大槻有一郎さん。

本書、全体的に説明が分かりやすく図もとても多い。
他にも多く出ている Unity初心者向けの本も読みましたが、この本は他のに比べて取り上げているサンプルゲームが2つと少ない。。。
しかし、題名の通りC#プログラムを基礎を説明するのに多くのページを使っているのが特徴的です。

C# に関しては基礎的な内容をとても丁寧に細かく分かりやすく解説しているので、プログラム教育にも活かせそう。
初心者用だが、中級者もけっこう知らずに今までプログラム書いていたような説明なんかも出てきます。
自分も とても参考になりました。

UnityではじめるC# 基礎編
大槻有一郎
エムディエヌコーポレーション(MdN)
2016-10-25


続きを読む

【Cinema】「Lucky Boy」

先日観たシンガポール映画の紹介をします。タイトルは「LUCKY BOY」。


(本作のTrailer)

主演はシンガポールで大ヒットしたシンガポール映画「Ah Boys to Men」、「The Lion Men」でシンガポールのトップ俳優に仲間入りしたWang Weiliang。
(シンガポールで大ヒットと書いても日本では誰も知らない映画なので、また別の機会に過去の有名なシンガポール映画なんかも本ブログで紹介していきます。)
この主演のWang Weiliang、お笑い芸人的な雰囲気をかもし出している彼は、どんな映画にもコメディ的なエッセンスが含まれているシンガポール映画にはとても適役な役者です。シンガポール特有の英語混じりの中国語を早口で話すと、これぞThe Singaporeanと言う感じがします。きっとこれからも活躍し続ける役者かと思います。もちろんシンガポールで。

この「LUCKY BOY」の映画自体は…、そんなに観ることをお薦めするほどでもないです。(どうせ日本では観る機会はないでしょうからネタばれ含んで書きます。)

内容は小さいころからUnluckyだった少年が最後はHappy Endを迎える話し。と言っても、Unluckyもいろいろすれ違い等で小学校のときから好きな子とは結婚できず、Happy Endは離婚後の彼女と最終的に結婚できたと言う話。まあそれだけの話です。

少し気になったのは、その主人公の好きな女の子が最初に結婚したのは金持ちの日本人と言う設定…。会社を経営していて仕事が忙しすぎてかまってあげられず離婚となりましたと言う話です。そのため、ちょくちょく日本語や日本語の挿入歌が出てきました。彼女が日本語で「私の誕生日だよ。お祝いしてよ。」、日本人の旦那「今忙しいんだ。黙っていてくれ。」てな具合で離婚を迎えます…。

シンガポール映画ネタ、これからもどんどん続けていこうかと思います。

映画について

このブログのメインの内容にするつもりはないのですが、趣味の1つの映画に関しても書いていこうかと思います。最近は忙しく回数が減っていますが、以前は週に1,2回はシンガポールの映画館に足を運んでおりました。(たまにマレーシアまで映画を観に行ってました。シンガポールよりも安いので。)

好きな映画は…、もともとSF好きなのでSF映画が特に好きです。SF映画に関わらずホラー以外は何でも観ます。最近は台湾の青春映画なんかも好きです。台湾の高校生活を取り上げたものなんかは今の日本のものより自分達世代の高校時代に近く感情移入できますね。

あと、シンガポールに長く住んでいるのでシンガポール映画もよく観ます。小さな国のシンガポールの映画は、低予算作成で馴染みのある場所が必ず出るような映画です。さながら日本で地元のエリアをテーマにした映画を観ているようでとても親しみを感じられます。

このブログの映画に関する話は、SFなどの多くの人達が発信している情報ではなく、日本では観る機会のないシンガポール映画情報を提供していこうかと思っています。
(日本でシンガポール映画情報の需要があるかどうか分かりませんが…。)

Game App from Lab7
GooglePlay_Top_2 (Android) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS) GooglePlay_Top_2 (Windows) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS)
Lab7 blog in English
Sponsored Link
Twitter プロフィール
《シンガポールでARゲーム個人開発中。 主にARに関して情報発信してます。》 VR/AR/MR、Unity、機械学習/AIにも興味あり。それらのシンガポール、東南アジアの情報もあわせて発信中。
Blog Visitors [訪問者数]
  • 累計:

PV [アクセス数]
  • 累計:

Sponsored Link