Lab 7 in Singapore

Unityでのゲーム開発、プログラミング教育、VR/AR/MR、AI・機械学習に関して。たまにシンガポールのネタも。

【Game】Game Start 2018(シンガポール)参加レポート

先日、10月13、14日の週末に行われた「Game Start 2018」と言うゲームイベントに行ってきました。会場はシンガポールのマリーナベイサンズやマーライオンがあるマリーナエリアに近い 大きなショッピングモール Suntec Convention Centreと言う場所。
GameStart_01

会場のマップは以下の通りですが、見ての通り規模は日本での大きなゲームイベントに比べて極めて小さいサイズ。しかしこれでも、東南アジアでは、まあ標準サイズの規模になります。
続きを読む

【Kitty Adventure】Android: Release Information 1.1.1

[2018.10.19]

This release is included following modifications.
- Fixed the bug about white screen for Android 8

【Merlion Adventure】Android: Release Information 1.2.2

[2018.10.18]

This release is included following modifications.
- Fixed the bug about white screen for Android 8

【AR、Unity】ARCoreのサンプル Cloud Anchorsを試す Part2

ARCore 1.2 からリリースされた Cloud Anchors と言う機能に関するサンプルプログラムの設定法の前半を前回紹介します。今回はその後半として Unityエディタでの設定法と、実機での実行に関して解説します。

ARCoreのサンプル Cloud Anchorsを試す Part1

ちなみに、この Cloud Anchors とは AR環境を複数の端末間で共有する仕組みです。要はマルチプレイヤーでの AR環境を実現するため、現実空間の位置情報の共有するための機能となります。
今回紹介するサンプルプログラムとは違いますが、以下の動画で、Cloud Anchors によってどんなことが実現できるかのイメージがわくかと思います。

 
続きを読む

【AR、Unity】ARCoreのサンプル Cloud Anchorsを試す Part1

Google が提供する ARCore に関して、以前、HelloAR と言う ARCoreで一番基本となる AR機能を備えたサンプルプログラムの設定法を紹介しました。
ARCore のサンプル HelloAR を試す Part1

今回は、ARCore1.2 からリリースされた Cloud Anchors と言う機能に関するサンプルプログラムの設定法を紹介します。Cloud Anchors は AR環境を複数の端末間で共有する仕組みです。要はマルチプレイヤーでの AR環境を実現するため、現実空間の位置情報の共有をするための機能となります。

このサンプルプログラム Cloud Anchors の最終イメージは以下のような感じになります。

ARCore_32

また、本件の元ネタは以下になります。
Quickstart for Cloud Anchors in Unity for Android

続きを読む

【AI/機械学習】TensorFlow(GPU版)と Keras のインストール方法 Part2

Machine Learning(機械学習)Deep Learning(深層学習)のフレームワークとして今ダントツ人気の Google が提供する TensorFlow。この GPU版のインストール方法を説明しています。

前回、GPU環境の構築方法を説明しました。

TensorFlow(GPU版)と Keras のインストール方法 Part1

今回は、その次のステップとして Python環境の構築方法と、TensorFlowと Keras のインストール方法を具体的に解説していきます。

TF_GPU_01
【2.Python環境構築とTensorFlowのインストール】

続きを読む

【AR、Unity】ARCore のサンプル HelloAR を試す Part2

前回、Android用の ARCore SDK についている、最も基本のサンプルプログラムの HelloAR の設定の仕方を説明しました。
【Link: ARCore のサンプル HelloAR を試す Part1

今回はその実行と、もとのサンプルは Googleの Andyくんが表示されるようになっていますので、そのキャラを変更する方法を説明します。
(以下の画像がキャラを変えた例です。)
ARCore_12

続きを読む
Game App from Lab7
GooglePlay_Top_2 (Android) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS) GooglePlay_Top_2 (Windows) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS)
Lab7 blog in English
Sponsored Link
Twitter プロフィール
Blog Visitors [訪問者数]
  • 累計:

Sponsored Link