Lab 7 in Singapore

Unityでのゲーム開発、プログラミング教育、VR/AR/MR、AI・機械学習に関して。たまにシンガポールのネタも。

2020年05月

【GCP】Google Cloud Platformの利用登録からApp EngineでPHPサンプル実行まで Part.1

今回は Google Cloud Platform初期設定部分の説明を行います。(無料枠内での説明となります。)

ゲームでも業務アプリでもサービスとして展開したいと思った場合、どうしてもサーバでのデータ管理が必要となります。現在では企業でも個人でも大手事業者が提供する Cloudサービスを利用することが多いですね。

と言うことで、Googleの Google Cloud Platformを用いてサービスを開始する最初の最初の設定部分の解説です。
GCP_01

続きを読む

【Unity】MacでUnity HubからAndroid SDK導入時に「The server is currently unresponsible.」

Macで Unityでの Androidビルド時に手こずりました。
まず「Android SDK not found」。初めてAndroidへのビルドする際に見る機会があるかと思います。
通常は Android SDKを Unity Hubからインストールすれば良いのですが、それができなかった。

License Agreement時に「The server is currently unresponsible.」が出るのです。
Unity_Error_84

今回はこの解決法です。
続きを読む

【WebAR】A-Frameで簡単にWebVRを実現 Part.2

本ブログでは今まで Unityでの ARアプリ開発の話を多く書いてきましたが、WebAR も書き出そうかと思います。

前回から ARの前に、A-Frame のみで実現できる WebVR を紹介しています。A-Frameとはと言う概要から、A-Frameのサイトにあるサンプルをスマホで実行するまでの方法、プログラムの詳細を説明しました。

【A-Frameで簡単にWebVRを実現 Part.1】

今回は前回のサンプルには含まれない他のいくつかのタグを紹介します。
以下の様に画像ファイル、アニメーション、3Dモデルの表示ができるようなプログラム(HTML)です。
AR Image_024
続きを読む

【Unity】Unity: iOSでAdMobを使用時「GoogleMobileAds.h file not found」エラー

今回は Unityで開発した iOSアプリに AdMobを導入して、Xcodeビルド時に発生するエラーに関して。

エラー自体は以下のようなものです。
Unity_Error_80

‘GoogleMobileAds/GoogleMobileAds.h’ file not found

この解決法を説明していきます。

【解決法】
続きを読む

【WebAR】A-Frameで簡単にWebVRを実現 Part.1

本ブログでは今まで Unityでの ARアプリ開発の話を多く書いてきましたが、WebAR も書き出そうかと思います。

WebARを作成する場合、メジャーでかつ無料なライブラリと言ったら A-Frameと AR.jsです。
これらの利用法を何回かに渡って紹介していきます。

まず今回は ARに入る前に、A-Frame のみで実現できる WebVR の紹介です。
A-Frameのサイトにあるサンプルをスマホで実行すると以下のような形で表示されます。
AR Image_017

続きを読む

【Unity】UnityでAdMobを使用してiOSにビルド後、Xcodeでビルドするとエラー

今回も先日経験したエラーですが。
Unityにて開発中のゲームアプリに Google AdMobを組み込み iOS用にビルドし、その後 Xcodeでビルドする際に以下のようなエラーが。

今回はこのエラーの解決法を紹介いたします。
Unity_Error_77

ld: warning: directory not found for option '-L/Users/**/Library/Developer/Xcode/DerivedData/Unity-iPhone-akltwcojgfrgtkawzshdeyhnypyj/Build/Products/ReleaseForRunning-iphoneos/GoogleUtilities'

ld: warning: directory not found for option '-L/Users/**/Library/Developer/Xcode/DerivedData/Unity-iPhone-akltwcojgfrgtkawzshdeyhnypyj/Build/Products/ReleaseForRunning-iphoneos/nanopb'


ld: library not found for -lGoogleUtilities
clang: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)
続きを読む

【AR、Unity】Unity AR Foundation のサンプルを試してみた(SimpleAR)Part.3

Unityで ARを簡単に実装できるフレームワーク Unity AR Foundation について、今まで各種機能を紹介してきました。
これらは全部 Androidにビルドして試しておりましたが、Unity AR Foundationの大きな特徴は Androidにも iOSにも対応した Multiplatform なところ。

今回は以前 Android版で紹介した単純な平面認識をして3Dオブジェクトを平面上に置くサンプルをそのまま iOSでビルドして実行させる紹介をします。
AR Image_004

その Android版で紹介は以下から確認ができます。
【Unity AR Foundation のサンプルを試してみた(SimpleAR)】
続きを読む
Game App from Lab7
GooglePlay_Top_2 (Android) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS) GooglePlay_Top_2 (Windows) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS)
Lab7 blog in English
Sponsored Link
Twitter プロフィール
《シンガポールでARゲーム個人開発中。 主にARに関して情報発信してます。》 VR/AR/MR、Unity、機械学習/AIにも興味あり。それらのシンガポール、東南アジアの情報もあわせて発信中。
Blog Visitors [訪問者数]
  • 累計:

PV [アクセス数]
  • 累計:

Sponsored Link