AAB ファイルを Google Play Console からAPKの時のように普通にアップロードしようとすると。。。
Android App Bundleをアップロードするには、Google Playアプリ署名に登録している必要があります。と言われて、アップロードできません。

と言うことで、前回よりその対応策をご紹介しています。

AABアップロード時、Google Playアプリ署名に登録が必要 Part.1

APK最適化_22

今回は、その続きとなります。

【3.PEPKツールの実行】

コマンドプロンプトを起動させます。
APK最適化_23

コマンドプロンプトから 手順の2.にあるように、秘密鍵のエクスポートと暗号化を行います。
手順にあるようにコマンドを打ちます。

(この際、Javaを実行させるので、JDK がインストールされているのが前提です。もしインストールされていない場合は、以下を参照してインストールして下さい。)
 【 Javaコマンドでのエラー:JDKのインストール(Windows)】

APK最適化_24

この手順の引数は以下ように変更します。

 [pepk.jar]:ダウンロードした pepkファイルのパスとファイル名を指定。
 [keystore]:秘密鍵ファイルのパスとファイル名を指定。
  (手順1.にて Unityで作成した Keystoreファイルのパスとファイル名を指定。)
 [alias]:秘密鍵のエイリアスを指定。(手順1.にて Unityで作成した Aliasを指定。)
 [output]:暗号化されたアプリ署名の出力先を指定。
 [encryptionkey]:暗号化キー。Google Play Consoleの手順にあるコードをコピペします。
  (上の図で青い枠で囲まれている部分をそのままコピペします。)

実際は以下のようなコマンドとなります。

java -jar "C:\Users\pepk.jar" --keystore="C:/Users/aaaa.keystore"
--alias=bbbb --output="C:\Users\cccc.pem"
--encryptionkey=dddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddd

エンターキーでこのコマンドを実行させると、以下のようにパスワードを順番に聞いてきます。
APK最適化_25

これで、暗号化されたアプリ署名の秘密鍵(pemファイル)が出力されました。
APK最適化_26



【4.アプリ署名の秘密鍵のアップロード】

手順の3.にあるように、手順2.で作成した「暗号化されたアプリ署名の秘密鍵(pemファイル)」をアップロードします。
APK最適化_27

「アプリ署名の秘密鍵」ボタンをクリックします。
APK最適化_28

ファイルの選択ウィンドが開くので、先ほど作成した pemファイルを選択します。そして、「Open」ボタンをクリック
APK最適化_29

秘密鍵のアップロードが終了すると、「アプリ署名の秘密鍵」ボタンの隣に 今アップロードした pemファイル名が表示され、下の「完了」ボタンが Active になります。

その「完了」ボタンをクリックします。
APK最適化_30

「Google Playアプリ署名が有効です。」と言うメッセージが出たら完了です。
APK最適化_31



【おまけ】

Google Play Console の画面にも表示されていますが、もしアップロード鍵を紛失した場合。

自分で取り消して再アップロードと言うことはできません。Google のデベロッパーサポートチームに連絡して、アップロード鍵をリセット してもらう必要があります。
APK最適化_32


Sponsored Link