本記事はテキストの内容を掲載しています。テキストのダウンロードは以下より。
【中学生向けUnity入門 Unityを使ってゲーム作成にチャレンジ Vol.1】(作成中)

目次
第1章. Unityの基本を知って簡単なサンプルゲームを作ってみよう
第1.2章. Unityを使ってみよう

1.2.2. プロジェクトとシーンの作成

ここではUnityでどんなゲームを作るときにも必要となるUnityの基礎概念としてプロジェクトとシーンを紹介します。
Unity_Text_Blog_035

【プロジェクトとは】

Unityでゲームを作る際、まずプロジェクト(Project)を作成します。プロジェクトとはゲーム全体、ゲームアプリ自体と言えます。作成するゲームアプリに1つ最初にプロジェクトを作成することになります。
次の章で詳細は説明しますが、UnityエディタのProjectビューにはゲーム全体のプログラムや画像等の各種素材がまとめられています。


【シーンとは】

通常ゲームには最初にタイトルシーンがあり、マップ等を選ぶ選択シーンがあります。そしてゲームが始まるとゲームシーンが現れます。これらをUnityではまさにシーン(Scene)と呼びます。Unityでゲームを作成する際は、このシーン単位に作成を行います。
UnityエディタのSceneビューとHierarchyビューがシーンに該当し、そのシーンで使われるゲームオブジェクトが配置されています。
Unity_Text_Blog_036


【プロジェクトとシーンの作成方法】

ここではプロジェクトとシーンの作成方法を説明します。(ゲームを開発する際に毎回最初に行う作業と言えます。)

Unity Hubからプロジェクトは作成します。まず、「New」をクリックします。
Unity_Text_Blog_037

プロジェクト名(Project Name)を入力します。ここでは「Test」にしておきます。
そして、プロジェクトの保存場所(Location)を決めます。プロジェクトの保存場所はどこでも構いません。
テンプレート(Templates)は今から作るゲームが「2D」なのか「3D」なのかを選択します。ここでは「2D」にしておきます。最後に「CREATE」をクリック。
Unity_Text_Blog_038

プロジェクトが作成されて、Unityエディタが起動しました。
Unity_Text_Blog_039


次にシーンを作成してみましょう。
Unityエディタのメニューから「File > Save As...」をクリックします。
Unity_Text_Blog_040


「Save Scene」画面が表示されますので、ファイル名を入力し「Save」ボタンをクリック。
(保存場所は「Assets」か「Scenes」フォルダの中に保存します。)
Unity_Text_Blog_043

Projectビューに新たなシーンができ、Hierarchyビューにシーン名が表示されています。
Sponsored Link