今回は最近読んだ「SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル」と言う本を紹介します。
John Sonmez と言うアメリカのソフトウェア開発者の方が書かれた自己啓発的な本です。ソフトウェア開発者向けの。



ソフトウェア開発者に特化した人生マニュアルとは珍しいなと思い読んでみました。
実際、人生マニュアルとして、キャリアを築いたり、健康に財を成す方法に関して幅広く結構細かく書かれていておもしろいです。
が、あまりソフトウェア開発者に特化していると言う気はしなかったです。
ソフトウェア開発者に限定した詳しい話を期待していたので、少しがっかりでした。
しかし、逆にソフトウェア開発者以外の方でも対象になるのかもしれません。

内容は、まず仕事関連として、キャリアの築き方、自分のマーケティング法、生産性の上げ方や、学習法などが説明されています。
ここまではけっこう面白かったです。いろいろ参考にさせていただきます。

それら以外で著者が力を入れて書かれているのが、資産の作り方と健康維持の方法。
本書では、かなりこちらに力が入っています。
著者は不動産投資をかなりがんばっているようで、資産作りとして不動産投資を特に強く勧めております。
また、彼はフィットネス関連ではトレーナーまでやっているそうで、食事に関する詳細、筋肉のつけ方等、かなり(必要以上に)奥深いです。
細かくは筋力のつけ方、筋肉サイズの増やし方、筋持久力のつけ方等、ちょっとソフトウェア開発者に必須な知識とは言いがたい気が。。。
フィットネスの小技やフィットネス製品なんかも充実です。。。
途中に写真も出てきますが、彼はすごく身長が高く、体格も良いようですね。ハンサムなようだし。モデルなんかの仕事も昔やっていたそうです。

あと、全体的に言えますが、この方はたとえ話がうまく、説得力がありますね。
ナイトクラブのカバーバンドとオリジナルのアーティストの例はなるほどと言う気がしました。
彼曰く、両者はさほど能力がかけ離れているわけではないが、一方は小さなナイトクラブでこじんまりと演奏して、もう一方はワールドツアーに出かけ大金を得ている。その差はマーケティングの違いであるとのこと。
また、自分をマーケティングする話の箇所で、マーケティングするには他人が欲しがっているものを知る必要がある。しかし、ほんとんどの人は自分の欲しいもの自体を明確には分かっておらず、完璧なウェディングドレスを探している花嫁と同じで、それが何なのかが分かるのは、それを見たときだとのこと。
他には、何をすべきかまったく分からないときも、とりあえず何かをしてみて途中でコースを調整するのが良いとし、それは駐車している車のハンドルを切ろうとしても難しいが、動いている場合は簡単に切ることができるのと同じだと。

最後に、彼の話で私が個人的に気に入った部分を紹介します。
- どんな複雑な問題も分解すれば簡単になるとの話の中で、問題を十分細かく分解すれば、わずか1行のコードを書くだけの能力だけでどんなアプリケーションだって書ける!
- 失敗は成功への道との話の中で、実際の人生で犯す失敗は、たいていの場合、最終的な成功に近づくために必要なマイルストーンである!

ちなみに、本書の翻訳は 長尾 高弘さんが行っておりますが、彼は既に 100冊以上もの翻訳をしている技術書翻訳のプロフェッショナルです。
その彼が手掛けた書籍の中で、本書のようなプログラミングの一般論的な本としては、以下のようなものがあります。



アルゴリズムの基本
トーマス・H・コルメン
日経BP社
2016-03-11