みなさま新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

年末年始、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

私は今年の年越しはシンガポールで過ごしております。

もう長くシンガポールに住んでおりますが、実はシンガポールでの年越しは初めてです。

基本、毎年日本で過ごしておりましたが、今年はシンガポールに残っております。

特に訳があるわけではないのですが、コスト削減と、会社外の自分の作業時間確保のためですかね。

ですので、シンガポール内でセントーサやマリーナあたりで行われるカウントダウンを見に行くわけでもなく、静かに作業に没頭しています。


そもそも
1231日は シンガポールでは一日中雨でした。(一日中降り続けるのは珍しいです。)

私の家のあたりではカウントダウンのタイミングには大雨と強風で、遠くの景色もよく見えない状況でした。

全く家を出る気にはなりません。

遠くの方から かすかに花火の音は聞こえました。雨でも打ち上げていたようです。

 

この時期、日本での冬の季節は、シンガポールでは雨期にあたります。

毎日雨が降っておりますが、日本の梅雨のような感じではありません。雨が降ったりやんだりで降り続けはしないのです。

しかし、降るときの雨は半端ないです。いわゆるスコール、大雨とはげしい雷です。しょっちゅうゲリラ雷雨です。

私の現在の家が海にけっこう近い位置で、かつ12階なので海風がたまに強いのですが、スコールと強い雨が重なると窓から大量に雨が降りこんできます。


また、この雨期の季節のシンガポールはとてもすずしいです。

クーラーをつけなく、窓を開けているだけでも たまに寒く感じる時があります。

それでも、会社やショッピングモール、公共の場所などは、クーラーをがんがんにきかせておりますので防寒着が必須となります。

とうぜん からっと晴れている日よりは湿気がありますが、蒸し暑くないので問題はありません。

この時期に日本から観光に来る方々は、観光の目的にもよりますが、ユニバーサルスタジオや動物園、他の屋外でのアクティビティ重視であれば、日差しは強くなくて過ごしやすいのですが雨天の際の準備が必要です。

ロカールフードやショッピングなどでもシンガポールは楽しめますので、柔軟に予定が変えられる形で来る方が良いかもしれません。

極寒の日本を抜け出して、そんなに暑くもなく とても過ごしやすいシンガポールで年末年始を過ごされるのもお薦めですよ。