ずっと楽しみにしていたシンガポール映画の上映が3月28日から開始されたので早速 Good Friday で祝日の金曜日に近くの映画館に観に行ってきました。
タイトルは「Ramen Tehラーメン・テー)」。

シンガポールと日本を舞台に、シンガポール人監督 Eric Khoo が家族の絆を描いた感動作品です。
このタイトルはシンガポールのバクテーと日本のラーメンをミックスしたオリジナルの料理から来ています。
2018年2月の Berlin International Film Festival で上映されました。日本でも上映されるとのこと。

始まって最初の週末ですが、私が観に行った劇場・時間は意外にお客さんが少なくてラッキーと言うか、少し寂しい気分。
(Facebook でシンガポール人の知り合いには紹介してみます…)
家の近くのバス停では、でかでかとちゃんと広告が出ているのにな。
20180330_115820
(今住んでいる家の最寄のバス停の広告)
この映画を観てまず驚いたのが、日本語字幕が付いていました。
シンガポール映画に日本語字幕が付いてるのを見るのは初めてです。(まあ当然ですが。)

通常、シンガポールで上映される日本映画には英語と中国語の字幕が二列で出ます。
また、英語の映画には中国語字幕。中国語の映画には英語と中国語の字幕が出ます。(中国で映画を観た時もそうでしたが、中国語は方言が多いので、中国語に中国語字幕が良く出ます。)

しかし、この映画では、日本語パートは通常通り英語と中国語の字幕が出てましたが、英語や中国語パートには、英語、中国語、日本語の字幕3列が出ていました。
日本語字幕はそのまま日本上映に使えるように用意してあったのかな。
まあ、シンガポールで初の日本語字幕に驚いてしまいました。


(Ramen Teh:Official Trailer)

ではこのブログの本題。映画紹介です。まず監督紹介から。
この監督 Eric Khoo ですが、既に数多くの作品を手掛けたベテラン監督で、Venice や Berlin, Rotterdamなど多くの映画祭で作品が上映されております。
しかし、意外に私の観た映画には含まれていなく、かろうじて「7 Letters」くらいですね。
「7 Letters」は7人の監督のショートムービーを集めたものなので、完全な彼の作品を観るのは今回が初となります。

その彼の作品の中にも、当時観たかったけど観られなかった彼の映画として「Tatsumi」があります。これも日本に関係する映画で、日本人漫画家 辰巳 ヨシヒロ の人生を描いたアニメ映画です。
ですから今回の「Ramen Teh」が、彼にとって日本との関連が初めてと言う訳ではないわけです。

(TatsumiのTrailer)

そして、キャストに関して。この映画は有名俳優がいっぱいですね。
まず日本人俳優として、主人公マコト役の斎藤工さん。
そして、シンガポールでのシーンでフードブロガーのミキと言う役で登場する松田聖子さん。
また、マコトのお父さん役で出演する伊原 剛志さん。叔父役では別所哲也さんも出演されています。

日本語のブログなので、これら日本で有名な方々の説明は省きまして、では、私のブログでのメインとなるシンガポール俳優に関して。

まず、注目は Mark Lee ですね。私のブログのシンガポール映画紹介でたびたび登場しています。
Comedian で Actor でもあります。TV番組なんかの司会なんかも多くされている方です。
私の観たことのある映画としては、「Wonderful! Liang Xi Mei」、「A Fantastic Ghost Wedding」、「Judgement Day」、「Everybody's Business」等に出演。
他にも多くの映画に出演されています。

主演されている映画作品も数多く、また多くのテレビドラマ、バラエティショーでも幅広く活躍するシンガポールのエンターテインメント界では大御所です。
今回の映画では主人公マコトの叔父役で、シンガポールでバクテー店を営んでいると言う設定です。
日本人だけが出ている日本でのシーンでは、普通に日本の映画観ている感覚に陥りますが、Mark Lee が出てきてシンガポールの独特の中国語と英語の混じった早口な言葉を聞くと、やはりシンガポール映画だと言う感じがします。

まだ1人しかシンガポールキャストを紹介していませんが、少し長くなってきましたので、次回にまわします。
次回、他のキャストや内容なんかを紹介したいと思います。

なんにしても、本作お薦めです。
ぜひ、シンガポールでも日本でも、劇場まで足を運んでみてはどうでしょうか。
シンガポールでは英語が苦手な方も日本語字幕が付いてますので安心して観られますよ。

Sponsored Link