Lab 7 in Singapore

Unityでのゲーム開発、プログラミング教育、VR/AR/MR、AI・機械学習に関して。たまにシンガポールのネタも。

Unity Basic

【AR、Unity】ARCore のサンプル HelloAR を試す Part1

昨年くらいから Unite では VR や AR のセッションがとても多くなっています。私も今は Android用のARCoreで ARアプリ開発を行っています。
そこで、今回はその ARCore SDK についている、最も基本のサンプルプログラム HelloAR の設定、実行の仕方を紹介しようかと思います。自分で ARアプリを作る際も、これをベースに学習、修正していくのが良いと思います。
ARCore_01

本件の元ネタは以下になります。
https://developers.google.com/ar/develop/unity/quickstart-android

続きを読む

【機械学習、Unity】ML-Agents の3DBall で機械学習を試す

Unity で機械学習(Machine Learning)が行える ML-Agents について、前回、前々回に 3DBall と言うサンプルをサンプルデータ(学習済みデータ)を用いて試してみました。
ML-Agents の3DBall を試す(サンプルデータ使用)Part1
ML-Agents の3DBall を試す(サンプルデータ使用)Part2

今回は、サンプルの学習済みデータを用いず、自分で学習を行わせてみます。(前回までの設定はされている前提です。)
ML-Agents_26
続きを読む

【Unity】Unity のインストール方法

ここでは、初めて Unity を使う方用に Unity のインストール方法を説明します。初めて Unity を使おうとしている多くの方に参考にしていただければ幸いです。
(当記事では Unity2018.1 を対象にしています。既に新しいバージョンが出ていますが、インストール方法はたいして変わりませんので、必要であれば最新のものをインストールしてください。)

Unity Install_01

【作業概要】

 1.Unityインストーラーのダウンロード
 2.Unityのインストール
 3.Unityを起動
 4.プロジェクトをオープン

続きを読む

【機械学習、Unity】ML-Agents の3DBall を試す(サンプルデータ使用)Part2

Unity で機械学習(Machine Learning)が行える ML-Agents について、前回 3DBall と言うサンプルを試すために ML-Agents の設定前準備を説明しました。
(URL:ML-Agents の3DBall を試す(サンプルデータ使用)Part1

今回はその設定法の続きと、実行結果を紹介します。
ML-Agents_11
続きを読む

【機械学習、Unity】ML-Agents の3DBall を試す(サンプルデータ使用)Part1

Unity で機械学習(Machine Learning)が行える ML-Agents について、Unite 等でもセッションが何度も行われ、デモがそのたびに行われております。
私も ML-Agents のセッションの紹介記事は何度か書かせて頂きました。
(URL:Unite 2018 Tokyo:Unity for ディープ・ラーニング:ツールキット『ML-Agents』
(URL:Unity Session in GDC2018:Unity Machine Learning: ML Agents

これらのデモで必ずというように出てくる 3DBall と言うサンプルがあります。
ML-Agents_01

今回はこのデモを自分の Unity 上で試すやり方を紹介しようと思います。
(ですので、今回は自分でまず動いているところを見ると言うのを目的とします。実際の機械学習は行わず、サンプルの学習済みのデータを使います。3DBall の機械学習自体はまた次回に。
続きを読む

【Unity】Render Texture にサブカメラの映像を映す

最近めっきり Unity の技術説明的な記事を書いてなかったです。
しかし、ログを見ると Unity の技術ページがいつもダントツ アクセス数が多いのですよね。と言うことで、反省しつつ久々に Unity技術系です。

今回紹介するのは私の Windows用ゲーム Merlion Adventure for Windows で使われている以下の様なサブカメラの作り方。
このゲームでは右下にある上空からのカメラ映像がそれです。
(ちなみにこのゲームも Microsoft Store からフリーでリリースしてますので、よかったら試してみてください。)
( URL:http://blog.lab7.biz/archives/8784429.html
HELP_02

このやり方は今制作中のMerlion Adventure2でも使用しています。(リリース時期未定)

この方法の良いところは、サブカメラを UI上のオブジェクトの大きさに合わせておくことができること。
要は、私の例だとサブカメラの周りにフレームのようなイメージを付けたくて、UI上の固定の大きさでサブカメラを表示させたい訳です。
続きを読む

【Unity】Unity Cloud Build が Unity Teams の一部に。。。

Unity Teams
いきなり、イメージを張り付けましたが、私にとってはかなりショッキングだったので。。。
と言うのは、以前、Windows で iOS 用ゲームアプリをリリースした際、その方法を紹介しました。
( URL:http://blog.lab7.biz/archives/5434763.html
(基本的に、iOS 用にアプリをビルドするには Mac が必要となります。)

そこではの基本方針は、必要なコストは極力抑えると言うものにしていました。
しかし、そこで紹介したやり方から 少し状況が変わったらしいのです。続きを読む
Game App from Lab7
GooglePlay_Top_2 (Android) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS) GooglePlay_Top_2 (Windows) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS)
Lab7 blog in English
Sponsored Link
Twitter プロフィール
Blog Visitors [訪問者数]
  • 累計:

Sponsored Link