Lab 7 in Singapore

Unityでのゲーム開発、プログラミング教育、AIに関して。たまにシンガポールのネタも。

Singapore Cinema

【Cinema】「WONDERFUL! LIANG XIMEI THE MOVIE」Part3

だいぶ前に劇場で観たシンガポール映画「WONDERFUL! LIANG XIMEI  THE MOVIE」に関して。
以前、この映画の監督やキャストに関して紹介しました。
映画紹介「WONDERFUL! LIANG XIMEI THE MOVIE」Part 1
映画紹介「WONDERFUL! LIANG XIMEI THE MOVIE」Part 2

今回、この映画の内容はもちろんですが、この映画の元ネタとなる シンガポールのバラエティ番組「Happy Can Already!」もいくつかご紹介致します。

(元ネタのバラエティ番組「Happy Can Already!」。この動画の説明は本ブログ後半にあります。)

まず映画の内容に関してですが、基本的には Liang Ximei おばさんと、その家族や友達たちによるホームコメディです。
日々の生活の中で何か騒動が起きて、お笑いたっぷりで盛り上げて、最後は家族愛や絆のような形で感動的にエンディングを迎えると言った感じです。
続きを読む

【Cinema】「WONDERFUL! LIANG XIMEI THE MOVIE」Part2

劇場で観てからだいぶ経ってしまいましたが、シンガポール映画「WONDERFUL! LIANG XIMEI  THE MOVIE」に関して。
The Movie とあるので元ネタがあり、その元ネタについてと監督に関して前回紹介しました。(ほんとだいぶ前ですが。)
(URL:http://blog.lab7.biz/archives/7399925.html
本日は本映画のキャストに関してご紹介致します。

ちなみに以下は本映画の Music Video です。
映画内のシーンも多く登場しており、映画のイメージがわくかと思います。
 

まず主人公としては、タイトルにもある Liang Ximei おばさん。
彼女を演じるのは監督である「Jack Neo」であることは前回書きました。
続きを読む

【Cinema】「Ramen Teh」Part4

もう4回目になってしまった、「Ramen Teh(ラーメン・テー)」の話し、そろそろまとめあげようかと思います。

前の記事は以下から。
Ramen Teh の紹介 Part1
Ramen Teh の紹介 Part2
Ramen Teh の紹介 Part3

ちなみに、以下に Eric Khoo 監督と主演シンガポール俳優のインタビュー映像を。

(Eric Khoo 監督 & Mark Lee & Jeanette Aw インタビュー『ラーメン・テー』日本語)

ここで、Eric 監督が自分の映画に影響を受けた人物として、漫画家 辰巳 ヨシヒロ、谷崎潤一郎、黒沢明監督なんかを挙げていますね。
(彼は過去に漫画家 辰巳 ヨシヒロの人生を描いたアニメ映画も作っています。)
また、気になる話として、シンガポールの映画界の現状に関して。続きを読む

【Cinema】「Ramen Teh」Part3

前々回、前回とシンガポール映画「Ramen Teh(ラーメン・テー)」に関して、監督やキャスト、また関連情報なんかをご紹介しました。
Ramen Teh の紹介 Part1
Ramen Teh の紹介 Part2

今回は、やっと映画の内容に関してお伝えいたします。
 
(「Ramen Teh」のメイキングフィルム:
各俳優達がこの映画やバクテーラーメンに対する考えや想いを語っています。)

内容の話しに入る前に、もう1つ 本映画の注目点に関して。
日本では誰それ?ですが、シンガポールでは有名なフードブロガー Leslie Tay さんに関して。
続きを読む

【Cinema】「Ramen Teh」Part2

上映開始と同時に観に行ったシンガポール映画「Ramen Tehラーメン・テー」に関して、前回、シンガポールで日本語字幕がある映画に驚いたこと、そして本作品の監督やメインキャストの一部を紹介しました。
http://blog.lab7.biz/archives/8171777.html

今回は他のキャスト(もちろん本ブログではシンガポール側のキャスト)を中心に紹介しようかと思います。
 Ramen Teh_01
(近所の映画館にあったポスター)

前回、主役 マコト(斎藤工さん)のシンガポール在住叔父役の Mark Lee を紹介しました。
次にシンガポール側での重要な役として、マコトのシンガポール人のお母さん役である Jeanette Aw。
(上のポスターの伊原 剛志さんの隣の女性。)
続きを読む

【Cinema】「Ramen Teh」

ずっと楽しみにしていたシンガポール映画の上映が3月28日から開始されたので早速 Good Friday で祝日の金曜日に近くの映画館に観に行ってきました。
タイトルは「Ramen Tehラーメン・テー)」。

シンガポールと日本を舞台に、シンガポール人監督 Eric Khoo が家族の絆を描いた感動作品です。
このタイトルはシンガポールのバクテーと日本のラーメンをミックスしたオリジナルの料理から来ています。
2018年2月の Berlin International Film Festival で上映されました。日本でも上映されるとのこと。

始まって最初の週末ですが、私が観に行った劇場・時間は意外にお客さんが少なくてラッキーと言うか、少し寂しい気分。
(Facebook でシンガポール人の知り合いには紹介してみます…)
家の近くのバス停では、でかでかとちゃんと広告が出ているのにな。
20180330_115820
(今住んでいる家の最寄のバス停の広告)
続きを読む

【Cinema】「WONDERFUL! LIANG XIMEI THE MOVIE」

先日また映画館でシンガポール映画を観てまいりました。
本日紹介するその映画は「WONDERFUL!  LIANG XIMEI  THE MOVIE」と言う映画。

ファミリー向けコメディ映画となります。その映画館でも家族連れのようなグループが、たくさん観に来ていました。
Chinese New Year 向けの映画でもありますが、まだ現在(ブログアップタイミング)も上映中のようです。


(本映画の Official Trailer です。)

タイトルにTHE MOVIEとあるので分かる通り、元ネタがあるわけです。
Happy Can Already !」と言うシンガポールで人気のあるバラエティ番組が元ネタとなります。
続きを読む
Game App from Lab7
GooglePlay_Top_2 (Android, iOS) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS) GooglePlay_Top_2 (Windows)
Contact [お問い合わせ]
Blog Visitors [訪問者数]
  • 累計: