Lab 7 in Singapore

Unityでのゲーム開発、プログラミング教育、VR/AR/MR、AI・機械学習に関して。たまにシンガポールのネタも。

Books

【AI/機械学習】本紹介「実践フェーズに突入 最強のAI活用術」

今回紹介する本は「実践フェーズに突入 最強のAI活用術」です。
著者は数々の AIの導入を行ってきた AI専門家である 野村直之 さんで、彼が彼の経験を基にした AIの活用法を紹介しています。
理論的な話や、プログラムに関する話ではなく、AIを活用したビジネスやプロジェクトを行う前に読んでおく指南書と言う位置づけかと思います。



【内容・感想】
続きを読む

【AI/機械学習】本紹介「現場で使える!TensorFlow開発入門 Kerasによる深層学習モデル構築手法」

今回は、「現場で使える!TensorFlow開発入門 Kerasによる深層学習モデル構築手法」をご紹介します。

タイトルがとても本書の内容を語っていますね。TensorFlow の入門書で、Keras でのモデル構築を行っています。
また、本書の表紙には、「畳み込みニューラルネットワークで実践する画像を用いた深層学習モデルの構築」と書かれています。まさに、本書は CNN畳み込みニューラルネットワーク)で画像の深層学習に特化した内容になっています。



私も現在取り組んでいるのは画像系の CNN で、TensorFlow と Keras を使用しています。
続きを読む

【Books】本紹介「シンガポール発 ソーシャルメディア成功物語」

今回は、「シンガポール発 ソーシャルメディア成功物語」と言う漫画を紹介します。ビジネスや自己啓発のジャンルに入る内容で、3巻で完結の漫画です。
作者はソーシャルメディアマーケティングの専門家 小谷川拳次さんです。

ソーシャルメディアマーケティングには自分も興味はありましたが、シンガポール発と言うところに強く惹かれて一気に読んでしまいました。
1巻は「シンガポール旅立ち篇」、2巻は「アメリカ人大富豪との出会い篇」、3巻「帰国・ネットマーケティング実践編」と言う構成となっています。

Book_Socialmedia




続きを読む

【AR/VR】本紹介「ARCoreとUnityではじめるARアプリ開発」

今回は ARCore での開発に関する初心者本を1冊紹介します。
私も現在 ARCore での開発を行っておりますが、その開発前に ARCore の理解のためにこの本を読ませて頂きました。特にたくさん掲載されているサンプルが理解に役に立ちました。
(以下はサンプルの1つ、AR UFO。撮影した日がシンガポールの建国記念日だったので、アパートにいっぱいシンガポール国旗が出ていますが。。。写真としてもけっこう面白ものになりました。)

ARBook_01

ARCoreとUnityではじめるARアプリ開発
薬師寺国安
秀和システム
2018-04-23





続きを読む

【Unity】本紹介「ゲームエンジニア養成読本」

今回は、Software Design Plus シリーズの「ゲームエンジニア養成読本」と言う本を紹介します。



【内容と感想】
この本はゲーム開発者になるための基本から、プログラムのゲームへの最適化手法や、ランタイムデバックの方法までと広いトピックを取り上げています。
各章で取り扱っている内容は以下にあげておきますが、作者が章によって違うせいか難しいレベルがけっこう違います。
全体的には中級者以上で、ゲーム開発に既に携わっている方が対象かと思います。
続きを読む

【Unity】本紹介「Unityの教科書 Unity2018完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座」

今回紹介する本は北村愛実さんの「Unityの教科書 Unity2018完全対応版」です。




また、北村さんがとても早い対応をしていますね。
と言うのは、以前 Unity2017がリリースされた際にも「Unityの教科書2017完全対応版」をリリース後すぐに出されて、私も紹介させてもらいました。
本紹介「Unityの教科書 Unity2017完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座」

Unity_Book_Test_04(サンプル画面)
Unity2018がリリースされたのが今年5月。そして6月に、本書の Unity2018に対応したバージョンを出されています。
毎回、他の Unity初心者本の先を行っていますね。すばらしい!
続きを読む

【Unity】本紹介「Unity ゲームエフェクト入門」

今回は買って読んでからかなり経ってしまいましたが、いまだに私の中ではとても重宝している本を紹介します。
Unity ゲームエフェクト入門  Shurikenで作る!ユーザーを引き込む演出手法」と言う本です。



Unity の標準機能 Shuriken を用いてのエフェクト作成に関する書籍です。
とても狭いトピックを取り上げているだけに、とても深く詳しく説明してあります。
ゲーム中でよくある多くのエフェクト例をとりあげ、Shuriken を用いて開発する方法が記されています。

自分もリリース済みのゲーム「Merlion Adventure」や「Kitty Adventure」でのエフェクト作成時に、この本を参考にさせて頂きました。
実際には、全部読むと言うより、必要な時に参考にするのがとても効果的かと思います。

続きを読む
Game App from Lab7
GooglePlay_Top_2 (Android) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS) GooglePlay_Top_2 (Windows) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS)
Lab7 blog in English
Sponsored Link
Twitter プロフィール
《シンガポールでARゲーム個人開発中。 主にARに関して情報発信してます。》 VR/AR/MR、Unity、機械学習/AIにも興味あり。それらのシンガポール、東南アジアの情報もあわせて発信中。
Blog Visitors [訪問者数]
  • 累計:

PV [アクセス数]
  • 累計:

Sponsored Link