Lab 7 in Singapore

Unityでのゲーム開発、プログラミング教育、AIに関して。たまにシンガポールのネタも。

Unity

【Unity】Unite 2018 Berlin:「Keynote」Part 3

前回、前々回に引き続き、6月19日にベルリンで行われた Unite 2018 Berlin の Keynote の内容を紹介します。この Part3で最後にします。
Unite 2018 Berlin:「Keynote」Part 1
Unite 2018 Berlin:「Keynote」Part 2

【Book of Dead が Asset Storeに】
まず今回の最初は、Demo Team の Silvia Rasheva から、GDC2018 で初めて公開された “Book of Dead” のプロジェクトが Asset store にてリリースされたことがアナウンスされました。
“Book of Dead” と言えば、アメリカのウェビー賞も受賞した、Unity の HDPR(High Definition Render Pipeline)を使った、あのむちゃくちゃ美しい作品ですね。
Unite 2018 Berlin_9(デモ映像の切抜き)
続きを読む

【Unity】Unite 2018 Tokyo:「Unity for ディープ・ラーニング:ツールキット『ML-Agents』のご紹介 」 Part 2

前回、5月7日から9日に東京国際フォーラムで行われた Unite 2018 Tokyo の個別セッションの「Unity for ディープ・ラーニング:ツールキット『ML-Agents』のご紹介 」の前半を紹介しました。
これは Unity Technologies で Head of Global Evangelism Content を務める Mike Geig が行ったセッションとなります。
「Unity for ディープ・ラーニング:ツールキット『ML-Agents』のご紹介 」 Part 1

前回、このセッションの前半として、Unity の Machine Learning の基本的考え方、Imitation Learning のデモで使われたカーレースの細かい設定法や機械学習自体のデモのパートを紹介しました。
Unite 2018 Tokyo AI_04(セッション映像の切抜)

今回はこのセッションの後半部分の紹介となります。

Imitation Learning を使ったカーレースデモの設定法が終わると、次に他の例がいくつか紹介されました。
続きを読む

【Unity】本紹介「Unityの教科書 Unity2018完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座」

今回紹介する本は北村愛実さんの「Unityの教科書 Unity2018完全対応版」です。




また、北村さんがとても早い対応をしていますね。
と言うのは、以前 Unity2017がリリースされた際にも「Unityの教科書2017完全対応版」をリリース後すぐに出されて、私も紹介させてもらいました。
本紹介「Unityの教科書 Unity2017完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座」

Unity_Book_Test_04(サンプル画面)
Unity2018がリリースされたのが今年5月。そして6月に、本書の Unity2018に対応したバージョンを出されています。
毎回、他の Unity初心者本の先を行っていますね。すばらしい!
続きを読む

【Unity】Unite 2018 Berlin:「Keynote」Part 2

前回に引き続き、6月19日にベルリンで行われた Unite 2018 Berlin の Keynote の内容を紹介します。
Unite 2018 Berlin:「Keynote」Part 1

【Facial AR Remote のデモ】
まず前回の最後に AR に関するプロジェクト MARS (Mixed and Augmented Reality Studio) を紹介したTimoni West によって紹介される形で登壇した、Natalie Grant(Product Marketing Manager, Film)。
彼女が AR技術を使った新しいツール「Facial AR Remote」コンポーネントをデモしてくれました。
デモではこのコンポーネントを適用された3Dキャラクターの女の子を Unityエディタ上に、サイドにはその場の iPhoneのカメラで撮影している Natalieの顔を表示。
そして、Natalieが悲しい顔、驚いた顔など表情を変えると、3Dキャラクターが同じような表情の顔をしています。
Unite 2018 Berlin_5(デモ映像の切抜き)
続きを読む

【Unity】Unite 2018 Berlin:「Keynote」Part 1

今回は、6月19日から21日にドイツ ベルリンで行われた Unite 2018 Berlin で、初日にあったキーノートの内容を紹介します。
この映像は Youtube で公開されていますので、以下から観ることができます。
 

今回の Berlin での Unite、プレゼンターの数が多いですね。入れ替わり立ち代りで自分の担当部分の説明をして、デモをして、そして次のプレゼンターが次の内容を と言う感じです。
要は、他の Uniteと比較して、話されたそれぞれのトピックについては、さわりのみと言う感じでしたが、より多くのトピックをとりあげてくれて、最新情報なんかも多かったような印象です。

【Unite Berlin 2018 Keynote Preshow】
Youtube の映像からも分かりますが、会場内の端の方で、まず Unite Berlin 2018 Keynote Preshow と言うのをやっていたようですね。
続きを読む

【Unity】Unite 2018 Tokyo:「Unity for ディープ・ラーニング:ツールキット『ML-Agents』のご紹介 」 Part 1

5月7日から9日に東京国際フォーラムで行われた Unite 2018 Tokyo の個別セッションをまた1つ紹介します。
今回紹介するのは Unity Technologies で Head of Global Evangelism Content を務める Mike Geig が行った「Unity for ディープ・ラーニング:ツールキット『ML-Agents』のご紹介 」。
最近ホットな話題の機会学習です。

彼はこのセッションで、Unity がリリースしているUnity 上で深層学習モデルのトレーニングとデプロイを可能にするツール ML-Agents を用いて、機械学習のデモや設定法を詳しく説明しています。
ML-Agents に関する個別セッションですので、Keynote などで出る単なるトレーニング後の結果デモだけでなく、設定、トレーニングの実施、トレーニング後のAIの使用と順々に詳しく説明してくれています。
(本セッションの映像は以下から見られます。)


彼は実際は Unity のエバンジェリストの偉い方で、AI の専門家と言うわけではないのですが、実演をたくさん行ってくれてとても分かりやすかったです。さすがエバンジェリストの親分です。

続きを読む

【Unity】Unite 2018 Tokyo:「Audio機能の基礎と実装テクニック」一條貴彰さん Part 2

前回、Unite 2018 Tokyo で行われた個別セッション、一條 貴彰 さんの「Audio機能の基礎と実装テクニック」と言うセッションを紹介しました。
Unite 2018 Tokyo:「Audio機能の基礎と実装テクニック」一條貴彰さん Part 1

そこで最後に少し彼の過去のセッションについて触れました。
2年前 Unity 2016 Tokyo での彼の「狂気講演」と言われているセッション、「Unityを使った個人ゲーム開発における『収益化』の現状と未来」です。
私が当時衝撃を受けたセッションです。


今回はこのセッションから紹介いたします。

彼はこのセッションで「収益化」を「開発したゲームから価値を生み出せる状態にする」こととし、そのために必要となる「完成させる」「知ってもらう」「販売する」に関して詳しく説明されていました。
続きを読む
Game App from Lab7
GooglePlay_Top_2 (Android, iOS) GooglePlay_Top_2 (Android, iOS) GooglePlay_Top_2 (Windows)
Lab7 blog in English
Sponsored Link
Blog Visitors [訪問者数]
  • 累計:

Sponsored Link